人事からのメッセージ

  • 花染良慈

    採用担当
    花染 良慈
    (以下、花)
  • 工藤靖樹

    採用担当
    工藤 靖樹
    (以下、工)
  • 吉井由恵

    インタビュアー
    吉井 由恵
    (以下、吉)

萩原建設が求める人材とは?

やはり明るく元気な人。そしてまずは挨拶ができて、自分の考えをしっかりといえる人。そんな人を是非採用したいですね。

そうですね。そして現場のほうでは特にモノづくりが好きな人に加え、やはり様々な人と関わりのある仕事なので、コミュニケーション能力が求められます。

お客様との打ち合わせや協力会社との折衝など、様々な場面でコミュニケーション能力というのは必要になってきますね。

さらに加えるなら、忍耐強さが求められます。100の現場があれば100通りの困難があるわけで、、、、(笑)。そこで上司や先輩に相談したり、同僚に相談したり自分で考えたり、そうして仕事上の困難に立ち向かい乗り越えられる人がいいですね。

どんな困難があるか?

自然状況に現場が左右されたり、様々な交渉事などですね。例えばお客様の要望が具体的ではない時もある。そんな時にもお客様のニーズを汲み取って具現化するのも私たちの仕事だったりするわけです。

そうですね。同じ建物であっても時期が違ったり立地が異なったりするとでその都度手順等が変わってくるんですね。そこを考える。全く同じ作業というのはないので、そこに楽しみを感じれるという学生にはぜひ来てほしいです。
例えば、学生時代に勉強でも部活でもなんでもいいので、一つのことに真剣に取り組んだ人。一生懸命打ち込んで困難にあたりそれを乗り越えた人にぜひ来てほしいです。

建設業の魅力とは?

土木については生活に欠かせない道路や橋などを作るというのは地域の安心・安全を提供するという意味で社会には無くてはならないことだと思います。それにかかわることでぜひ充実感を味わってほしい。建築についても同じで、様々な建築を通して自分が建てたという充実感を味わってほしいですね。

全くその通りですね。一般の人はあまりこの橋はどこの会社が建てたとかはあまり見ないと思うんですよね。それでも地域の安全と安心に貢献している、地域の縁の下の力持ちとしてなくてはならない存在と感じられることに魅力を感じます。建築物の場合も、例えば体育館など自社で建てたものに行ったときに、そこでお客様がにこにこしながら利用しているのを見るととても嬉しく思います。

やはり体育館にしても学校にしても自分が建てたのだなと思うと感慨深いものがありますし、そう考えると建設業とは素晴らしい仕事だなと感じることができますね。

一番満足できたしごとは?

やっぱりスピードスケート場ですね!自身もよく観戦に行くのですがリンクを蹴るスラップスピードスケートの音だとか、風を切る音だとか…音が凄く良いんです!
天井の高さには本当にびっくりですね。あれを見る度にうちの会社はすごいなあと感じます。

私は鈴蘭大橋ですね。十勝川は昔あまり橋がなかったんですけど、橋ができることによって住宅ができたり、人の流れが活発になったりなど、物流が替わったことをみると自分の会社は凄いものを施工しているのだなと感動でした。
十勝大橋も毎年の花火大会で物凄い人数が通るので、毎年この人数の安心と安全を守っているのだなと誇らしい気分になりますね。

普通は当たり前のように通り、当たり前のように利用するものなので、これらは建設会社に勤めているからこそ感じられる感動ですね。

総合体育館も、もう昔の施設ですが、子供の頃から何度も何度も使っていた施設が、入社して自分の会社が建てたものだと知って二重の喜びを得ることが出来ましたね。改めて誇らしい気分になることが出来ました。

これからどんなものを作りたいですか?

やはり総合体育館ですね。現状では狭いので大きなイベントが出来ないんです。どんな競技にしても今は皆さん車で来ますからね。そうなると駐車場も相当広くなければいけないですし、ぜひ大きな体育館を帯広に建てたいですね。

採用担当者が萩原建設を選んだ理由は?

私は元々モノを作ることが好きだったので建築会社に興味がありました。ただ専門的なものは勉強していなかったので、総務や経理部門で建設業に携わりたいなと思ってました。入社した時は右も左も分からない中で、自分の会社が道東で有名な企業だということが嬉しかったです。逆にそういった会社の中で自分も更にスキルアップしていかなければ役に立つことが出来ないなと感じたことは今でも記憶に強く残っていますね。

私は地域性のある会社に入りたいと思っており、実は他業界の仕事も考えていたのですが、就職活動中にいろいろ調べると自分の育った学校の建物にすべて萩原建設が関わっていたことに気が付いたんですね。また、部活で使用してた施設も全てに萩原建設が関わっていて、こんなに地域性が高い会社に自分も入りたいと思い履歴書を出すという経緯がありました。

新卒者へのメッセージをお願いします。

就職活動中の人は、まず自分はどういう仕事がしたいのかということを考えたうえでターゲットを絞って頂きたいです。理系で建設系の仕事を志望される方は①設計②積算③施工と大きく分けて3つありますが、自分がどの分野に適性があるのか、どの分野に興味があるのかをじっくり考えてほしい。文系の人でも建設会社には総務や安全品質管理など様々な仕事がありますので、モノづくりに興味のある方は是非エントリーしてほしいですね。

萩原建設を志望される方にアドバイスをください

萩原建設に入って何をしたいかという将来への強い意志をみたいです。どの会社もそういう人材を求めているのでしょうけども、やはり自分の将来像を描けている方には魅力を感じます。

現場だけではなく管理部門も含め、みんなで一つのものを作り上げていくということが建設業の魅力なので、社内全員がモノづくりに一丸なれることに面白みを感じれる人に来てほしい。また、当社はもう少しで100周年ですが、その大きな節目をともに迎え、さらに今後もより良くしていきたいと思える方にぜひ来てほしいですね。

このページの先頭へ