究極の弦楽コンサートに御来場されたお客様の声

「2011年 萩原建設工業謝恩コンサート」
お客様の声の一部をご紹介させていただきます。

2011年 お客様の声

「2010年 萩原建設工業謝恩コンサート」
お客様の声の一部をご紹介させていただきます。

2010年 お客様の声

帯広市在住 30代女性
今回初めて足を運ばせていただきました。 私は元々ポップス系が好きですが、娘がブラスバンドを始めたことから手を引っ張られて“弦楽四重奏”を目の当たりにし、深い感動を覚えました。 ユーモアを交えながら、どこかで聴いたことのある曲(モーツァルト)は飽きることなく、これが“心を満たすこと”と悟りました。 わがままな娘の目にもうっすらと感動の涙を見たときは、音楽は人間の心を豊かにし、そして心を成長させるのだと気付きました。 萩原建設工業様のご好意のおかげで、娘共々、有意義な時間を頂いたことに深く感謝しお礼申し上げます。
帯広市在住 40代男性
毎年御社のコンサートを楽しみにしています。 今年はスケジュールの都合がつかず諦めていたのですが、急遽時間ができ、前日チケットの入手方法について御社のホームページよりお尋ねしたところ、親切ご丁寧なご対応にとても感謝しております。 篠崎さんの急な体調不良等アクシデントはありましたが、さすがはプロの演奏家。 しっかりと観衆の耳を捉え、時折ジョークを交えながら会場の雰囲気はとても和やかになったのが正に「手作りコンサート」の良さではないでしょうか。 来年も楽しみにしております。
音更町在住 50代男性
この不景気な時代、特に建設業界におかれましては大変ご苦労されていらっしゃることと存じます。 そんな時代の折、23回目を迎える謝恩コンサートにはただ頭が下がります。 利益追求のギスギスとした企業が多い中、市民の心を豊かにし、人間性溢れる演出と、社長様をはじめスタッフの方々の心行き届いた対応に、音楽以上の感動を受けました。 今後とも御社のご発展と、末永くこのコンサートが継続されることをお祈りし、お礼のメッセージとさせていただきます。ありがとうございました。
音更町在住 60代女性
あいにくの雨天でしたが音楽好きの私ども、お蔭様で各々の良い音の響きを聴かせていただきました。毎年の萩原建設工業様のご配慮、特に社長様が芸術・文化に深いご理解とご慈愛をお持ちのことと深く感銘し御礼申し上げます。 ビオラ奏者の方が倒れられ、急遽プログラム変更等ございましたが、仲間を思う気持ちをユーモアに演じ、ただ音楽を奏でるのではなく温かな人間味に触れ、仲間の一日も早い回復を祈り「アメージンググレースを・・・」の言葉に胸が熱くなり、拍手はなりやみませんでした。 「ありがとうございます」という声にならない声が会場一杯でした。 どうぞ演奏者の方々にこの心を伝えられますようお願いと共に心よりお礼まで。

このページの先頭へ