ホーム > 2019

2019.02.07

平成30年度北海道産業貢献賞(土木功労者賞)を受賞しました

平成31年2月6日(水)、北海道庁にて平成30年度北海道産業貢献賞(建設部所管)の表彰式が行われ、北海道より弊社代表取締役社長 萩原一利が「平成30年度北海道産業貢献賞(土木功労者)」を受賞しました。

 

この賞は、土木行政・住宅都市行政全般にわたり永年業界の発展等に努め、その功績が大きな個人または団体に贈られます。

 

萩原家の三代目として、昭和51年より建設業に従事し、技術の向上と経営基盤の確立に邁進し、北海道における建設技術の向上と発展に貢献してきたこと。また、関係団体の団体役員として、長年業界の発展に貢献したことが評価されました。

 

社長の大変名誉な受賞を機に、社員一同さらなる技術の向上に努め、良質で安全、安心なものづくりの実現に貢献できるよう邁進いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.02.04

工事実績を追加いたしました

弊社で施工しておりました、以下の工事が竣工いたしました。

 

北海道横断自動車道 陸別町 日宗改良外一連工事

(仮称)札幌市中央区南7条西6丁目ホテル新築工事

レクサス帯広リニューアル工事

 

※詳細につきましては、「実績紹介」ページにてご覧いただけます。

2019.02.01

平成30年度北海道赤レンガ建築賞を受賞いたしました

平成31年1月30日(水)、(一財)北海道建築指導センターの石塚弘理事長より「平成30年度 北海道赤レンガ建築賞」を受賞いたしました。

 

この賞は、地域文化の発展に貢献する創造性豊かな建築物などを表彰するもので、本年度は北海道赤レンガ建築賞1点、北海道赤レンガ建築奨励賞1点が選ばれました。

 

今回受賞した十勝管内上士幌町の町生涯学習センター『わっか』は、弊社を代表者とする「萩原・川田・橘内・米倉経常建設共同企業体」が施工したもので、「まちが 町民が 元気になる 集いや出会いにあふれる ふれあいの場」を基本コンセプトに設計された、多世代交流の拠点としての役割を担う多目的福祉施設です。カラマツ大断面集成材軸組工法という十勝地方では稀な工法を用いたことで、自由な形状寸法の部材製作が可能となり、デザイン性に富んだ、地場産木材の温かみを感じられるのが特徴です。

 

表彰式では審査委員より「本物件は既存の図書館が隣接する難しい状況でしたが、四方からのアプローチが可能で、安全面でも非常に優れた設計であった。」との審査講評をいただきました。

 

このような大変名誉ある賞をいただき、施工者を代表して工事に携わられた全ての方々に厚く御礼を申し上げますとともに、選考に係られた関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

今後も生涯学習の拠点として、地域の皆様から愛される施設となることを切望いたします。

 

 

 

 

 

 

2019.02.01

『HAGIWARA TIMES』 vol.21 発行

2019.01.21

平成30年度 北海道社会貢献賞(献血推進功労賞)をいただきました

平成31年1月18日(金)、北海道より「平成30年度北海道社会貢献賞(献血推進功労者)」をいただきました。

 

この賞は、永年にわたり組織的に献血に協力し、献血思想の普及啓発に貢献した企業および団体に贈られます。

 

弊社は、地域貢献活動の取り組みとして、毎年2~3回本社前へ献血バスに来ていただき、社員や地域住民へ献血の呼びかけを行ってきました。そのたびに、多くの社員が積極的に献血に協力してきました。また、急な献血要請にも対応できるよう、社員の血液型管理を実施しております。

 

私たちは、きっかけを作るのも地域企業の役割だと捉えております。たった数十分の献血が、誰かの命を救っています。今回の受賞は、この活動に関わった全ての方々の善意に対するものとして受け取らせていただきます。

 

この受賞を更なる原動力とし、より多くの企業や未経験者の方にも献血の重要性を継続的に発信していきたいと考えています。それにより、安心できる地域づくりに貢献し続ける企業を目指していきます。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

2019.01.01

『HAGIWARA TIMES』 vol.20 発行

このページの先頭へ

このページの先頭へ