ホーム > 2019

2019.04.01

2019年度入社式を行いました

2019年4月1日(月)、新卒新入社員8名とキャリア採用1名の計9名を迎え、2019年度入社式を執り行いました。

 

辞令交付後には、新入社員ひとりひとりがこれからの意気込みについて「社会人としての自覚をしっかりと持ち、日々の仕事をこなして行きたい」と語り、社会人としての一歩を踏み出しました。

 

今後は、新入社員研修を経て、各部門へ配属され、実務着任となります。

新たに加わった9名と共に、全社一丸となり、日々精進してまいります。

今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

2019.04.01

『HAGIWARA TIMES』 vol.23 発行

2019.03.28

雇用管理者研修を札幌市で開催しました

平成31年度の雇用管理者研修を3月11日(月)に帯広建設会館にて、3月26日(火)札幌市内会場にてそれぞれ開催し、協力会社40社、53名の参加を得ました。

 

萩原建設工業安全衛生委員会札幌分会での開催はこれが初めてとなり、冒頭の萩原社長の開会挨拶の後、「週休二日制導入等の働き方改革に関する事項」や「建設キャリアアップシステムの運用に関する事項」また「労働災害事例等の紹介による安全対策等」について、協力会社の皆さんと理解を深めました。

 

ここ数年、弊社は建設物件を中心に札幌圏での工事案件が増加していますが、十勝帯広圏と同様に引き続き高い安全意識をもって、現場施工に当たってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.01

『HAGIWARA TIMES』 vol.22 発行

2019.02.27

「健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)」に認定されました

萩原建設工業は、経済産業省および日本健康会議が実施する「健康経営優良法人認定制度」において、「健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)」の認定をいただくことができました。

 

「健康経営優良法人認定制度」は、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や協力業者などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としている制度です。

 

弊社では、社員の健康で働きがいのある職場づくりを経営の重要な柱と位置付けており、長時間労働の是正に向けた各種取り組みや、全社員へ定期的なストレスチェック診断を実施している点などを評価いただいたものと認識しております。

 

今後も、社員の健康増進やワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、さらなる取り組みを継続してまいります。

 

2019.02.22

工事実績を追加いたしました

弊社で施工しておりました、以下の工事が竣工いたしました。

 

道央圏連絡道路 千歳市 中央北改良工事

畑地帯(育成)雄馬別第2地区62工区

 

※詳細につきましては、「実績紹介」ページにてご覧いただけます。

2019.02.07

平成30年度北海道産業貢献賞(土木功労者賞)を受賞しました

平成31年2月6日(水)、北海道庁にて平成30年度北海道産業貢献賞(建設部所管)の表彰式が行われ、北海道より弊社代表取締役社長 萩原一利が「平成30年度北海道産業貢献賞(土木功労者)」を受賞しました。

 

この賞は、土木行政・住宅都市行政全般にわたり永年業界の発展等に努め、その功績が大きな個人または団体に贈られます。

 

萩原家の三代目として、昭和51年より建設業に従事し、技術の向上と経営基盤の確立に邁進し、北海道における建設技術の向上と発展に貢献してきたこと。また、関係団体の団体役員として、長年業界の発展に貢献したことが評価されました。

 

社長の大変名誉な受賞を機に、社員一同さらなる技術の向上に努め、良質で安全、安心なものづくりの実現に貢献できるよう邁進いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.02.04

工事実績を追加いたしました

弊社で施工しておりました、以下の工事が竣工いたしました。

 

北海道横断自動車道 陸別町 日宗改良外一連工事

(仮称)札幌市中央区南7条西6丁目ホテル新築工事

レクサス帯広リニューアル工事

 

※詳細につきましては、「実績紹介」ページにてご覧いただけます。

2019.02.01

平成30年度北海道赤レンガ建築賞を受賞いたしました

平成31年1月30日(水)、(一財)北海道建築指導センターの石塚弘理事長より「平成30年度 北海道赤レンガ建築賞」を受賞いたしました。

 

この賞は、地域文化の発展に貢献する創造性豊かな建築物などを表彰するもので、本年度は北海道赤レンガ建築賞1点、北海道赤レンガ建築奨励賞1点が選ばれました。

 

今回受賞した十勝管内上士幌町の町生涯学習センター『わっか』は、弊社を代表者とする「萩原・川田・橘内・米倉経常建設共同企業体」が施工したもので、「まちが 町民が 元気になる 集いや出会いにあふれる ふれあいの場」を基本コンセプトに設計された、多世代交流の拠点としての役割を担う多目的福祉施設です。カラマツ大断面集成材軸組工法という十勝地方では稀な工法を用いたことで、自由な形状寸法の部材製作が可能となり、デザイン性に富んだ、地場産木材の温かみを感じられるのが特徴です。

 

表彰式では審査委員より「本物件は既存の図書館が隣接する難しい状況でしたが、四方からのアプローチが可能で、安全面でも非常に優れた設計であった。」との審査講評をいただきました。

 

このような大変名誉ある賞をいただき、施工者を代表して工事に携わられた全ての方々に厚く御礼を申し上げますとともに、選考に係られた関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

今後も生涯学習の拠点として、地域の皆様から愛される施設となることを切望いたします。

 

 

 

 

 

 

2019.02.01

『HAGIWARA TIMES』 vol.21 発行

1 / 212

このページの先頭へ

このページの先頭へ