読み込み中です

萩原建設工業株式会社

ホーム > 採用情報 > 社員インタビュー

Recruit採用情報

社員インタビュー

土木部 中川 貴大 建築部 前田 俊希
土木部 壷内 章矢 建築部 上野 菜月
営業部 笹原 周平 総務部 津川 彩香

 

 

土木部

中川 貴大(2016年新卒入社)

interview_nakagawa

 

どうしてこの業界を選びましたか?

私は、高校の授業で土木工事に関わる内容を学んできました。授業の一環で工事現場の説明会で実際に動いている現場を見たとき、学校で学んだ内容より詳しい専門的な知識を説明して頂きました。当時の私は説明して頂いた内容はほとんど理解できませんでした。ですが、その時の現場で作業している重機や作業員、それを指示しまとめている現場の技術者を間近で見て「私にもできるだろうか?」と興味を持ちこの業界で働いてみたいと思いました。

 

建設業の魅力はなんですか?

建設業で働いて思った魅力は現場を完成させる為に、多くの業者が協力し一丸となって現場を進めていくことだと思います。「建設業の魅力」というのは建設業に携わってみないと分からない部分や伝わりにくい所もあると思います。私は初めて工事現場を見たとき、現場関係者や機械重機がたくさんいて仕事しているのを見て、そのとき思ったことはたくさんあったと思います。きっと建設業を知らない人でも実際に、建設業の仕事を見て思ったことが魅力になるのではないかと思います。

 

入社の動機・決め手はなんでしたか?

高校2年生時、インターンシップがきっかけで入社しました。それまでは明確な職種の志望はありませんでした。インターンシップで現場を見学してそのスケールの大きさに驚きました。その時は現場の説明を聞いても内容は理解できていませんでしたが、実際に現場を見て自分も現場に出て仕事をしてみたいと心から思いました。

 

普段どんな業務をしていますか?

現場の施工管理をしています。現場に出ている時は、主に測量と写真撮影をしています。測量は作業員の仕事を止めないように、施工工程に合わせ先行して測量をしていきます。写真撮影は施工の状況、完成や進捗・資材検収・出来形寸法を日々撮影しています。現場が終わった後は、書類の作成・次の日の施工の段取りをして施工を進めていきます。

 

満足・やりがいを感じた瞬間を教えてください。

現場が計画工程通りに進捗している時、やりがいを感じます。それにも増して工事が完成したとき、大きな達成感があります。長い期間で毎日作業したことが形として残るので、工事が完成するたびにまた頑張ろうとやりがいを感じています。

 

入社当初から成長したと感じる点や得たスキルはなんですか?

現場を通じて様々な工種の作業内容の知識を覚え、測量の準備からCADの使い方が向上しました。

 

今後の目標を教えてください。

自分の得意分野を広げていきたいと思います。「この分野なら中川に」と任せられるように1日も早く先輩方の様な技術者を目指していきます。

 

就活生にメッセージをお願いします。

「建設業は大変そう」というイメージは大半の人が思っていると思います。けれどそれ以上に仕事をしていてやりがいを感じることは多いですし、何より達成感がものすごくあります。建設業で働いている人たちは怖い人が多いと思うかもしれませんが、優しい方も沢山います。また、さまざまな職種がありますが、1人で作業するということはまずないと思います。業者の方々と作業の段取りを話し合う等、建設業にはコミュニケーションが不可欠です。建設業で仕事をすればコミュニケーション能力が知らず知らずのうちに高まります。リーダーシップがありモノづくりが好きで現場を指揮したい方は、建設業をおすすめします。

 

 


 

 

建築部

前田 俊希(2016年新卒入社)

interview_maeda

 

どうしてこの業界を選びましたか?

今となっては少しジャンルが違いますが小さい頃から物を造ることが好きだったことと、高校在学中に専門教科を勉強していく中で建設業について興味を持ち、もっと詳しく知識を得たいと思い始めました。また、高校生活3年間で勉強した少ない知識でも就職してから活かしてみたいと思ったのも理由の1つです。

 

建設業の魅力はなんですか?

人とのつながりだと思います。ここで指す人とは社員や協力会社などです。
建物は一人で創り上げることは出来ません。現場を指揮する現場代理人がいて、その作業に特化した職人さんたちがいて建物ができていきます。チームワークが良いと建物もいいものができていくと思うので、人とつながりを持てるというのはとても素晴らしいことだと思います。

 

入社の動機・決め手はなんでしたか?

卒業生講話という高校のOBが就職した企業について説明して頂く機会があり当社に就職した先輩の話を聞いたのがきっかけです。何が心に響いたかというと、社員同士の仲が良く雰囲気がとても良いということ、また、社是・社訓がとても気に入ったことです。自分自身社会人になって楽しく仕事をしたいと思っていたこともあり入社を希望しました。

 

普段どんな業務をしていますか?

今まで担当した現場で業務内容は多少違いますが、工事写真の撮影・書類整理・工程表作成・図面作成・図面チェック・段取りや手配などなどです。

 

満足・やりがいを感じた瞬間を教えてください。

現場が竣工を迎えたときです。日々の業務で失敗・成功関係なしに、たくさん悩んで、問題を解決して、知恵を絞りだして大変な思いを経て建物が完成した時には文字に表せないくらいの感動と喜びと達成感があります。

 

入社当初から成長したと感じる点や得たスキルはなんですか?

成長した面は責任感だと思います。当たり前ですが仕事量が増え、期待されるものが大きくなっています。発言や行動、任された仕事に対しての責任という面の意識は変わったと思います。
今まで担当した工事で色々な方々にたくさんのことを学びましたが、経験していないこと、わからないことがまだまだあるので更にスキルアップを目指しています。

 

今後の目標を教えてください。

現場所長に楽をしてもらえるように何でもできる現場担当者になりたいです。

 

就活生にメッセージをお願いします。

就職をしてやりたいことがある方もない方も、楽しく、笑顔が絶えない職場につきたいと思っている方は少なからずいると思います。自分の好きなことや楽しいことがあれば追及したことがあると思いますが、それは職に就けば自然と意識向上に繋がることで、スキルアップや技術力のスピードも少なからず変わっていくと思います。自分を信じて頑張ってください。

 

 


 

 

土木部

壷内 章矢(2017年新卒入社)

interview_tsubouchi

 

どうしてこの業界を選びましたか?

私は学生の頃水産生物について学んでおり、就職も周りのみんなと同じように学んだ水産系の会社に行くだろうと思っていました。しかし、就職活動をするとき建設業を知り若者の担い手不足等、様々な課題を抱えている業界ではありますが「ものづくりに関わる仕事がしたい」と思いが強くなり建設業を選びました。

 

建設業の魅力はなんですか?

自らが携わり作り上げたものが、人々の生活を支えるものになることです。
また建設業界は変わりつつあり、技術革新や働きかたにも変化を感じています。これも魅力の一つです。

 

入社の動機・決め手はなんでしたか?

就職活動中に札幌で行われた単独説明会へ参加したことが決め手でした。
社員の方々と仕事の真面目な会話から少し砕けた会話までお話しし、社員を大切にしてくれるアットホームな会社だと感じたからです。

 

普段どんな業務をしていますか?

現場に出れば測量・現場管理、事務所では安全管理や図面作成等の書類整理や写真管理などを行っています。 
また、現場で作業する協力会社の方に気持ちよく働いてもらうために現場を整えることに気を配り、協力会社の方との会話でより良い作業方法に気づかされることもあるので、コミュニケーションを円滑にとるようにしています。

 

満足・やりがいを感じた瞬間を教えてください。

自分に与えられた仕事がうまくいった時です。「お!しっかりできてるね」と言われたり、ほかの人が気づいていないことを手直しそれを見ていた職人から「よく気づいたね」などと褒められた時にはやりがいに感じます。

 

入社当初から成長したと感じる点や得たスキルはなんですか?

「段取りをつける」こと「伝えること」です。現場を滞りなく進めていくためには工事の内容を理解し計画を立て準備することが不可欠です。それらを誤解が生じないように協力業者の職人に伝えるという点を常に努力しています。

 

今後の目標を教えてください。

経験を積み知識を身につけ自分の仕事の幅を広げることです。いまだに分からないことが沢山ありますが、何を聞かれても適切に答えられるようになるのが目標です。

 

就活生にメッセージをお願いします。

学生の皆さんには「施工管理」は未知の職業だと思います。私は学生の頃全く違うことを学んでいたので、正直何をする仕事なのかわからずに入社したのが本音です。
しかし、上司の方や頼れる先輩方に分からない事は丁寧に教えて頂けるので楽しく3年目を迎えることができました。
会社を選ぶとき大切な事は人それぞれですが、フィーリングも大切だと私は思っています。説明会等で実際に社員の人と会い、話を聞くことで自分に合う会社を見つけることができると思います。頑張ってください。

 

 


 

 

建築部

上野 菜月(2016年新卒入社)

interview_ueno

 

どうしてこの業界を選びましたか?

元々建築やものづくりが好きで、大学は建築学を専攻していました。大学での経験や就職活動を通して、建物を実際につくり上げることで街づくりに貢献できること、つくった建物が後世に残り、地域に愛され親しまれることに大きなやりがいを感じて建設業を志しました。

 

建設業の魅力はなんですか?

人々の生活の利便性や快適性を向上させることができ、特に建築は暮らしや活動の空間を提供できる点に魅力を感じています。また、災害時にはいち早く現地へ赴き復旧作業に当たるなど、地域になくてはならない存在であるところが建設業の魅力だと思います。

 

入社の動機・決め手はなんでしたか?

自分の故郷である十勝で、地域に根付いた事業を展開する弊社に興味を持ちました。企業説明会では社員の方々の生き生きとした表情が印象的で、自社HPやFacebookでの発信力も高く社内の風通しの良さを感じ、また女性技術者の採用にも積極的に取り組んでいるということで安心して入社を決めることができました。

 

普段どんな業務をしていますか?

施工管理とは、工事の受注から引渡しまで現場の指揮を執ることであり、工期内に品質の良い建物を予算内でつくり上げることが求められます。その為に設計図書を元に作成した施工図と現場の施工状況に相違がないか確認しつつ、日々刻々と変わる現場の状況を正確に把握して業者間の調整や資機材の手配、安全設備の管理等を行います。また、施工計画書の作成や工事写真の整理、安全関係書類の取りまとめなどデスクワークも多く業務内容は多岐に渡ります。

 

満足・やりがいを感じた瞬間を教えてください。

建設現場は「段取り命」と言われます。作業員が来ても作業できる環境が整えられていないと現場は止まってしまいますし、作業員への指示や施工図の正確性、安全設備の充実性がそのまま工事の円滑な進行に直結します。しかし、常に完璧な現場管理というものは難しく、日々何らかのトラブルが発生するものです。その対応に追われながらも一つ一つ解決していくことで滞りなく工事を進めているときは、現場の指揮者としての実感が湧き大きなやりがいを感じます。

 

入社当初から成長したと感じる点や得たスキルはなんですか?

入社当初は本当に分からないことばかりで与えられた業務をこなすだけで精一杯でしたが、今は工事全体の流れが分かるようになり、物事の優先順位や効率性を考えて行動できるようになったと思います。また、未だ経験が浅く初めて見る物事も多いですが、疑問に思ったことはその場で聞いて解決・改善できるようになったことは、入社当時より大きく成長した点だと思います。

 

今後の目標を教えてください。

建設業に携わる女性が、生涯を通してその職業に貢献できるようになることが私の理想です。今は女性技術者に注目が集まり、様々なメディアで取り上げられていますが、女性が女性らしく活躍するために改善すべき最も重要な点は、男女関係なく働きやすい職場にすることだと感じています。幸いにして弊社は若手社員の意見にも真剣に耳を傾けてくれる上司が多いので、自分の意見や考えを発信しながら技術者としても一人前になることが当面の目標です。

 

就活生にメッセージをお願いします。

入社して早3年が過ぎた今、弊社の社員の一員として地域に貢献できることを誇りに思います。なぜなら弊社には優秀な上司や先輩が沢山いるからです。それは単に、経験による知識や技術の集積だけではありません。社員一人一人が持つ人間性の素晴らしさです。それは数字や肩書で示せるものではありませんが、それこそが萩原建設工業という組織の「核」なのだと思います。就活生の皆さんはどのような基準や価値観で企業を選ぶべきか、働くことのイメージが掴めず悩むこともあると思いますが、その悩み考える時間こそ自分を見つめる大切な時間です。気が向いた時には、弊社の企業説明会などに気軽にいらして下さい。明るく元気な若手社員や経験豊富なベテラン社員が、皆様の疑問や悩みに真摯にお答えいたします。

 

 


 

 

営業部

笹原 周平(2017年既卒入社)

interview_sasahara

 

どうしてこの業界を選びましたか?

何も無いところから大きな建物や橋や道路などが出来るって凄い事だなと感じた時に、自分も関わってみたいと思い、志望しました。

 

建設業の魅力はなんですか?

魅力という答えになっていないかもしれませんが、道路や地下鉄、自分の住まいや階段一つまで、生活の中で必ず使うものを建設業が作っているって凄いよなぁっていつも思っています。
建設業界での営業活動は、その場で実物をご覧いただきながらの販売スタイルではなく、お客様のご要望を形にするための「技術力」を販売します。お客様と一緒に夢をカタチにしていくことへ関われるのは、特に魅力に感じています。

 

入社の動機・決め手はなんでしたか?

一次面接・二次面接をして頂いた際に、会社の温かさと真面目さを感じました。
選んで頂いて本当に嬉しかったです。

 

普段どんな業務をしていますか?

札幌支店で営業の仕事をしています。
お客様の所へ訪問して萩原建設工業の事をたくさん知ってもらいたいと思っています。

 

満足・やりがいを感じた瞬間を教えてください。

工事受注に初めて関われた時に、もの凄い嬉しさを感じました。

 

入社当初から成長したと感じる点や得たスキルはなんですか?

入社当初と比べると建設業の知識は得られていると思います。
得たスキルとしては、先輩社員とお客様を訪問した際に、先輩社員が使っている言葉や言い回しを積極的に盗んでいます。

 

今後の目標を教えてください。

お客様に喜んでいただける営業マンになりたいです。

 

就活生にメッセージをお願いします。

営業の仕事を通じて、多くの企業があって色んな仕事があると感じます。
仕事は楽しいです!楽しみましょう!

 

 


 

 

総務部

津川 彩香(2017年既卒入社)

interview_tsugawa

 

どうしてこの業界を選びましたか?

元々事務職に興味を持っていて業界研究をした中で、目に見えて形に残る建設業のモノづくりのすばらしさや、達成感に共鳴し、直接現場に携わることができなくても事務職の一員として、モノづくりに参加できると思えたからです。

 

建設業の魅力はなんですか?

手掛けた現場が形となり、歴史に残るところだと思います。毎日の生活の中で弊社が施工した建物や道路を目にする度に、自分の会社を誇りに思うことができます。また、当たり前に利用しているものが人の手で時間をかけてつくられていることがわかり、この業界の大切さ、ありがたみを改めて感じることができると思います。

 

入社の動機・決め手はなんでしたか?

建設業という男社会の中で自分が飛び込んで大丈夫なのかという不安はありましたが、気になる事は女性の先輩社員に聞き、包み隠さず話してくれたことで会社の雰囲気・環境を確認することができ、信頼できると思ったからです。

 

普段どんな業務をしていますか?

電話・来客応対の他に、主にパソコンを使った業務が大半で、データ入力や書類作成などを行います。また、弊社で毎年開催している安全大会の司会等も行います。事務職は常にデスクにいるイメージがあるかもしれませんが銀行回りなどで外に出る機会もあり、人と関わることが多いです。

 

満足・やりがいを感じた瞬間を教えてください。

今まで一人ではできなかった仕事ができるようになり、一人で任されたときや、大きい仕事・小さい仕事に関わらず上司、先輩方が見ていてくれて評価してくれるところです。
また、自分が発信したものが採用されたときや下の意見を聞き入れてくれることでこの会社の一員なんだと感じ、責任ややりがいを感じます。

 

入社当初から成長したと感じる点や得たスキルはなんですか?

後輩ができ教える立場になった今、業務内容・経緯を正確に伝えなければいけないので業務の必要性や効率をより考えるようになりました。
また、今までは自信が無くて発言することができなかったことも、疑問を持ち一つずつ解決していくことで理解し習得することができ、自分の考え・意見を持てるようになりました。

 

今後の目標を教えてください。

幅広い仕事が総務部の特徴なのでこれからもたくさんの業務に積極的に取り組んでいきたいと考えています。また、現状では目先の仕事にとらわれていることが多いため、今後は長期の計画を立てられるように、先回りをして物事を考えて処理できるようになることが今後の目標です。

 

就活生にメッセージをお願いします。

自分がやりたいことができる会社なのかしっかりと自分の目で見て、納得がいくまで聞くことが大切だと思います。会社説明や見学などで普段の業務内容や1年目にする仕事など詳しくきくことで実際に働く想像がしやすくなると思います。たくさんの会社を見る中で、少しでも弊社に興味を持っていただけたなら1度説明会等に来ていただければ、更に魅力をわかっていただけると思います。
わからなくて当たり前なので積極的にどんどん質問を投げかけてみて下さい!