読み込み中です

萩原建設工業株式会社

ホーム > 採用情報 > 建設本部長からのメッセージ

Recruit採用情報

建設本部長からのメッセージ

取締役 建設本部長(兼)建築部長

高階 左千夫(たかしな さちお)

manager-message_takashina

 

テーマ1

弊社が求める新入社員像とは

高階本部長 やはりモノづくりが好きで情熱を持っていることが基本です。その気持ちさえあれば、足りないところも補って、立派な管理者になれると思います。
現場が完成した時の充実感を味わうことはとても大切で、その充実感がリーダーシップやコミュニケーション能力を育んでいきます。
司会者 採用活動を実際に行うと、モノづくりが好きな学生は多いと感じます。一方で、そのための資格が無い等を不安に思う学生も多いと感じますが、その辺りはどうでしょう?
高階本部長 モノづくりが好きであれば、専門学科を出ていないなど出身校は関係ありません。モノづくりへの情熱があれば、専門知識が無くても会社に入って十分追いついていけます。
司会者 逆に当社に合わないと思う人物像は、どんな人ですか?
高階本部長 現場の管理は突発的なことも起きますし、パターン化されていない部分も多く、その時々の判断力が求められます。勿論、経験値は必要ですが、そうした場面に即座に対応できる資質が一番大切ではないかと考えています。

テーマ2

就職活動をされている学生の皆さんへ伝えたいこと

manager-message
高階本部長 現時点で自分の目標を明確に持っている学生さんは別でしょうが、何となくモノづくりが好きだという中で、会社を選ぼうとすると、やはり名の通った大手企業となるでしょう。ただ、そういう選択よりは中小企業の方が大小様々な工事を手掛けられますので、総合力は確実に付くと思います。これは大変プラスの要因です。また、大手企業に比べれば人と人との距離感も近いですし、他部署との関係も深いです。そう考えると、会社に貢献するというモチベーションは入社直後から大企業より高いと思っています。
司会者 高階本部長が思う、モノづくりの醍醐味は何ですか?
高階本部長 建設構造物は図面をそのままに施工すればよい、というものではありません。これまでの経験を生かして細かい収まり等を設計会社や施主さんと検討し、納得できる建物を作っていくことが大切です。そして、それがオーナーさんや施主さんに喜ばれ、クレームゼロに繋がります。苦労はありますが成し遂げた後の充実感と達成感は、とても大きなものがあります。
もう一つ、建物を建てていて、足場を解体して全貌を見た時、これが一番興奮します。「出来たあー!!」という感じです。